貸し付け返金が出来ず、遅延や滞納を放っておくとどうなるのか

分割払い弁済が出来ず、滞納を続け、債権パーソンから督促の案内があっても放っておくと、裁判から消費督促が届きます。これは、債権パーソンが借金を回収するために、裁判に消費督促の申立を通じて受理されたということです。これも放っておいた場合には、仮執行確信付き消費督促が届きます。これは、絶対執行(押さえ)が出来る消費督促なので、これも放っておくと不動産や給与、債権などが突き止められます。
絶対執行を防ぐには単一返済するか、意味合いに間違いがあるなら2ウィーク以内に反対申立をします。仮執行確信付き消費督促も反対申立が出来ます。意味合いには間違いはないが、分割払い弁済が無理についてには、直ちに弁護士や裁判所書士に相談して、借金アレンジを行うことをおすすめします。借金アレンジは、ランダムアレンジ、自身再現、自己破産など法的に分割払いを整理する手段で、両者魅力・短所がありますので、よく相談して経路をとります。消費督促が届いたら、直ちに相談するようにしましょう。