変更は「段階」がきっかけ

車売却のスタイルは千差万別だ。カワイイニューモデルが登場したり、現時点乗っている愛車に飽きてしまったら買い替えるという第三者もいれば、愛車が止まるまで乗り続けるという第三者もいます。バブルの時分は3クラスの車検毎に買い替えるという第三者も少なくありませんでした。ただし、愛車はそれほど安いオーダーではありませんので、簡単に買い替えることができるはでもありません。そこで長期的ビジョンが考え、進め方の移り変わりによって車売却をするという秘訣があります。

例えば、結婚やお産のスタイルだ。独身の時であれば、自分の好きな愛車で構いませんが、結婚すれば標的のことも策する仕事が出てきます。またお産も1第三者家庭が加わるわけですから、ちょっぴり大きな愛車が必要になってしまう。若しくは、入り用で愛車を使うような状態が目立ちたら、多少品のある愛車のほうが良くなります。そうして、子どもたちも巣立って赴き退職した後には、かつて憧れだった愛車に入れかえるというのも楽しいことだ。このように進め方が移り変わりによって愛車を差しかえるという、そのときに一番最適な愛車を選択することができます。