アメイジング食べ物の王 キヌアのおススメの洗い流し人物

キヌアは栄養価の高さから身体食として親しまれて、将来的な宇宙食にも最適から検討が進められるほど、何とも注目の超絶食べ物です。回数ミリほどのちっちゃな胞子という見た目で、ちょっと癖がある独特なアロマオイルが特徴です。そのことからも超絶食べ物に着目したハリウッドアクトレスも、モーニングらアーモンドバストやメープルシロップなどと一緒に混ぜて取るといったように、キヌア自体で摂取すると言うよりは多々混ぜて召し上がるという摂取方法がおススメです。それほど邦人になじみがある食べ方は、白米などと一緒に炊いてランチのように食べる方法です。その時にキヌアに含まれる「サポニン」という素材が激しい苦みを持っているために、「よく洗う」事が非常に重要です。それほど洗わないで食べるため、苦み素材がキヌアに付着した通り摂取することになり、無論「手強い苦み」をもらい「渋い!おいしくない超絶食べ物」と感じてしまいます。こういうサポニンは水溶性なので簡単に水で落ちるといった感想もあります。サポニンをキレイに省くという意味でも、かりに白米と混合して炊くときの洗い流し輩は、別々にすすぎ最後に炊飯器の中で混合すると一段と苦みを抑えられます。洗い輩のファクターは、回数ミリといった小さとうこともあり通常より細かい眼のザルに入れて水を交換する際に落としてしまわないようにキヌアの上っ面の苦みを減らすイメージで洗うことがポイントです。

▲ページトップに戻る