産後うつや冷え性、便秘にも関係がある

産後うつや冷え性、便秘にも関係がある

脳内伝達物質のひとつであるセロトニンは、女ホルモンの分泌とも非常に要因が濃い物質とされています。


そのため生理や閉経、また妊娠やお産などで人生の中で女ホルモンの分泌かさが目まぐるしく変化することも多い女性は、こういう分泌かさが差を迎えることも少なくありません。

そうしてそのことによって現れる無秩序が挑発として、別途女ホルモンやセロトニンの分泌かさに影響を与えることもあります。例えば産後うつだ。

産後うつとか、うつってセロトニンは関連性があることが明らかにされている。ですから女ホルモンの分泌かさや配分が著しく崩れる産後には、憂鬱になることもそれほど珍しくはありません。そしたら冷え性だ。

セロトニン
これはこういう物質には肌や血の気温を脳に授け、体温を調節する作用があるためです。



女ホルモンが乱れると体温も壊れ易くなります。このことは更年期にほてり、冷えのぼせが出やすいからも理解できます。従ってその結末の一環として冷え性が出やすくなるという規模だ。そうして便秘だ。本当はセロトニンの多くは腸内で作られています。



そのため便秘などの揉め事が招かれていると言うことは腸内環境が悪化しているためあり、それはつまりセロトニンができ上がるかさが低下していると言うことにもなります。女ホルモンもまた排泄揉め事にきつく関係している結果、前もって女性にはこんなことが起こりやすいと言えます。

セロトニン@神経伝達物質!幸せホルモンとは!

▲ページトップに戻る