さらなる分析を目指す検証の発育

さらなる分析を目指す検証の発育

オキシトシンはそれほどかねてから知られている下垂体後葉ホルモンの1つであり、わずか9つのアミノ酸による非常に単純な制度のタンパク質でありながら、近年になってやっと、主体、末梢に関わらず、体のありとあらゆる会社にて、多岐にわたるプラスを発揮していることが様々な学習により明らかにされていらっしゃる。

但し、依然として具体的なプラス仕掛は研究されていないことも手広く、また見た目食い違いしているかのように見えるプラスも抱えることがわかっています。

オキシトシン
元々オキシトシンは受胎や分娩のメカニズムを早める物質として発見され、子宮筋収れんによる出産誘引や乳汁分泌進出を引き起こすホルモンであるという面しか知られていなかったのですが、後に妻がわが子を抱いた状態、ないしはカップルがこぶしを結び付ける状態など、互いのスキンシップによりオキシトシンの分泌が進出され、彼氏への愛や信頼のポリシーが上がるという、「愛・依存ホルモン」としての面が大きく知られるようになりました。


一方で、オキシトシンが高濃度で分泌されるといった、今度は逆にリスクや恐怖の印象が深くなったり、殴り込み性が伸びるということもわかってきています。


行く先グングン学習が進めば、オキシトシンのプラス仕掛や分泌構造の詳細についての研究が進展し、自閉症加療レベルへの臨床実践も可能となるかもしれません。
オキシトシン@幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンの癒し効果


▲ページトップに戻る