冷え性には足湯がグッド

夜になると先が冷えてしまって眠れない、という冷え性の人物が多くいらっしゃる。こんな人たちに勧告なのが足湯です。足湯と言えばスパ事柄などにいらっしゃるものを想像しがちですが、自宅でも簡単にやれるのです。毛布を何枚も繰り返したり、靴下を履いて寝入るという冷え性の人も多いですが、外側からだけではなく身体の内側から暖めるほうが効率よく体をあたためることが可能です。
秘策は簡単です。膝まで混じるバケツや浴槽に意気込みめのお湯を入れて、膝まで浸かるだけです。ありのまま10食い分〜15食い分すれば、膝から後述しかお湯につかっていないのに、身体の内側から温まり、じんわりと汗をかいてしまう。これはお湯によって温まった血が身体中をめぐり、身体の芯から温まったからです。この時にお湯にエッセンシャルオイルを垂らすのもリラックスできて冷え性の再考には効果系です。愛するフレグランスのものや、冷温を解消してもらえる物体ならばもっと相乗効果が期待できるでしょう。膝まで加わるバケツがなかったり、お湯をためるのが面倒な場合には、足首がうずまる程度のお湯でも構いません。この時、お風呂場などでは体が冷えてしまうこともある結果、胴体は1枚手広く着込んだり、ひざ掛けを使うことにより、効率的に体を暖めることができます。

▲ページトップに戻る