脱毛不幸のやけどの戸惑いについて

脱毛することで頂けるメリットは豊富ですが、やけどなどのトラブルには気をつけたいものです。電光やレーザーでの脱毛は、毛が生えてくるために必要になって掛かる、ヘア乳頭などの団体にダメージを与えるため、効果を出しているものです。電光もレーザーも、表皮の下における黒いメラニンには稼働しますが、幅広い表皮にはダメージを与えることがありません。でもやけどのリスクがあるというのは、ひとつには照射力量の設置が高すぎるといった道理もあります。トラブルにならないみたい、レベルの組み合わせを的確にする必要があります。 もうひとつは、人肌が黒い状態であることも、やけどになってしまう要因となります。マシンの照射は、黒い色あいに稼働しますから、毛根だけではなく、人肌の色あいが黒い場合も稼働して、トラブルの原因となってしまう。そのため、脱毛を始めたら、絶対に日焼けはしないようにすることです。もし日焼けをしたら、人肌の色あいが落ち着くまでは、脱毛も遠ざけることになります。

▲ページトップに戻る