クルマ下取りするなら事前に絶対資料のリサーチを

自分が所有するモデルをモデル買取仕事場や商店、愛車商店などの店頭でモデル下取り始めるタイミング、売却したいモデルを持って行くだけでは引き取って貰うことはできません。
モデル下取りしてもらうと共に、名義遷移を通してわなければ、手放した下も愛車租税などの提案が来ます。
それを放置しておけば、督促状が来て、間もなくは収入押さえにもなりかねません。
また、名義変更すれば、それ以前に支払った、その年度の愛車租税が月割で戻ってきます。
その際、最低限の入り用資料は愛車診断証明、発行下1か月以内の判届け出免許2通、自賠責保険免許、その年度の愛車納税免許、それに融通券です。
また名義遷移を店頭に委任する際に押印する実印が必要です。
しかし、売却したいモデルが軽自動車の場合には、判届け出免許と実印は必要なく、代わりに三文判などの認印が必要になります。
もしこれらの入り用資料を紛失したタイミング、自賠責保険証明は損保会社で、車検証明は陸運局で、愛車租税納税免許は各都道府県租税オフィスで再発行してもらえます。
判届け出免許は市民票のある区役所や出張所などで購入します。

▲ページトップに戻る