疎ましいPMSはサプリを飲んで状態を和らげよう!

生理の2週〜10お天道様前から始まるPMS(月経前症候群)は、対処しようと思ってもできない衝動に駆られてしまうことがあります。
食べ過ぎや感情的になってしまう他に、肌荒れ、ニキビ、牛乳が見張る、下痢や便秘、涙もろくなる、イライラして八つヒットを通じてしまったりして、自体だけでなく家事や相手にも迷惑をかけてしまう可能性があります。そういう酷いPMSの様子をやわらげるために、サプリを利用してみ取り敢えずしょう。

PMSの原因として、脳心的のツキホルモンと呼ばれるセロトニンが減少しているという理屈があります。そのせいで血糖統計が値動きしたりイライラして食べ過ぎてしまう。また、PMSの様子と同じ効能を持っている淑女ホルモンのプロゲストロンが、生理前に増加することも原因の一つだと言われています。
様子をやわらげるために摂取するサプリには、ホルモンのバランスを整える作用があるプラセンタやピクノジェノール、イソフラボンなどの原料が含まれています。また、淑女ホルモンという働きがあるセントジョーンズワートやチェストツリーといったハーブが配合されているサプリも販売されており、個人のボディや贔屓に合ったサプリを選ぶことができます。

▲ページトップに戻る