プロペシアの最大の副作用は肝使途変調

プロペシアは、男形脱毛症(AGA)を治療するための呑み薬で、ノンプロニックネームは「フィナステリド」と呼ばれています。男形脱毛症のメイン
な原因となるのは、ジヒドロテストステロンというものです。こういうものは、男ホルモンですテストステロンが酵素によって変化することによって生まれますが、プロペシアは、こういう酵素の関わりを押さえることによって抜け毛を防ぐ働きがあります。飲用は成人男の
みに限られていて、効果が出るまで大抵半年を目安に後続服用する必要があると言われています。プロペシアは効果もありますが、一方で欲情の衰えや勃起仕様の悪化・抑うつ・湿疹・蕁麻疹などの副作用も報告されてあり、中でも最大の副作用は肝仕様の支障だと報告されています。肝仕様支障で怖いのは、急に発症するのでなく、少しずつ進行し自覚症状がない結果、まさに外観が現れた時折、もう重症になって要るについてが多いからです。よって、元々肝臓になんらかの気掛かりを抱えている人や、普段から多量の酒類を飲んでいる人は、飲用前にしっかり医者に相談してから飲用を始めたほうが良いでしょう。それ以外の人も、気になる場合は定期的に肝臓の見立てを受けると良いでしょう。

▲ページトップに戻る