育毛剤の種類:止痒・消炎剤の元凶と効果

育毛剤に含まれる止痒・消炎剤の役割としては、痒みを和らげたり、バクテリアの増大を防いで炎症を牛耳ることにあります。単に塩酸ジフェンヒドラミン、グリチルレチン酸などが育毛剤に含まれるマテリアルとして効果が厳しいことが知られていますが、他にも植物性マテリアルではシラカバエレメント、ケープアロエエキス、ヤグルマギク花エレメント、ヘチマエレメント、コーヒー種子エレメント、オウゴンエキス、ビワ葉エレメント、アロエベラエキス、ドクダミエレメントなどがあげられます。止痒・消炎剤は育毛剤だけでなく、滅菌のために化粧品類にもぐっすり使用されてある。スカルプにバクテリアが増大して、肌荒れや炎症を起こしている状態では薄毛がおこるだけでなく、案の定育毛シチュエーションとしてよくありませんから、充分にケアするためのマテリアルとしてかかせません。しかしながら止痒・消炎効果のために使用しても、素肌にあわないシーン、逆に痒みを発症したり炎症をひきおこす原因となりかねません。センシティブ素肌の人の場合はどういった止痒・消炎剤が含まれているのかチェックすることも大切です。

▲ページトップに戻る