愛車を売る際に必要な納税ライセンスを紛失してしまった時は

買取プロショップなどに所有しているマイカーを売る件、大抵の店先で租税の納税認可の発表を求められますが、仮にこういう文書をなんらかの理由で紛失した場合はどのように手当すれば良いのでしょうか。
納税認可を紛失した場合は、軽自動車の場合は市税オフィスか市区町村役場へ、それ以外は愛車税オフィスか都道府県税オフィスへ再発行の申し出を行います。手続きの手は行政により異なりますが、移動認可などの申請者の境遇を裏打ちOK文書、車検証明、判、付加手間賃が使えるだけの資金を一切用意してから、付加申し出書を手に入れてポイントを記入し、税オフィスの窓口に入り用文書位を持参して出向くか、レスポンス用の封筒を同封して文書を郵便することによって発表を行います。認知実質に落ち度や非がなければ発表は受理され、初々しい納税認可を手に入れることができます。
なお、一部の行政では、認可の供与機会を操作することによっても租税の納税裏打ちができる文書を手に入れることができます。

▲ページトップに戻る