車税金納税証明書を紛失したら

愛車 売るの時に必要な実録は色々ありますが、うっかり忘れている事が多い物に、自家用車税金納税証明書があります。これは自家用車検査象徴や自賠責保険象徴と違って、自家用車に携帯する責務がある実録ではないので、なくしてしまっていることも良くあると思います。けれども、愛車 売るには必要になる実録なので出来れば残しましょう。どうしてもモデル観察書き入れに入れて据え置くのがいいといえます。但し仮に紛失してしまったらどうすればいいのでしょうか、本当は比較的簡単に再プラスが出来ます。再プラスは管理の自家用車税金オフィスで行います。自家用車税金は地域税金で県内税金ですので、県庁や県のミックス庁舎などにあります。そっちへ行って再プラスの流れが出来ます。再プラスの手続きには自家用車の登録ナンバー、車台ナンバー、クライアントのエリア氏名と申請者の状勢立証が必要です。納税が確認できればさくっと再プラスできますが、納税からチャンスがたっていない場合は、確認できない事もあるので、その場合は納税した領収書を持ち歩く必要があります。自家用車税金納税証明書には、基本的に車検の際に取り扱う車検専用の雑貨と、納税証明書として正式に提出する為の雑貨が別にあり、車検用の納税証明書は再プラスが無用ですが、車検限定しか使えませんと書いてあります。ただしユースドカーとしても愛車 売る限定では無料の車検限定でかまいません。

▲ページトップに戻る