チアシードの喜ばしい処方箋

チアシードは、南米原産のシソ科チアの根本のことをいいます。チアシードは古代マヤ・アステカ時から食べられて要る料理で、人に必要な栄養分が豊富にあるとして今日注目されています。
チアシードは上級食品とも呼ばれており、厳しい養分価があります。タンパク質や食物繊維、ミネラルなどが塞がり一日に必要な栄養分の半数が大さじ盛りだくさんほどで摂取できるとされています。腹持ちも可愛らしく、ダイエット効果やアンチエイジングなどの効果が期待できます。
こういうチアシードを美味く召し上がる処方箋としては、ヨーグルトとカサカサフルーツと共に混ぜて食べたり、水でふやかしたものをマヨネーズとかぼちゃで作ったサラダに取り混ぜ込んだりする簡易処方箋から、蒸した白身魚にニンニクや生姜、醤油に水、オリーブオイルなどのルーツをかけ、その上からスライスしたネギやコリアンダーと一緒にかけて摂るなどのこった処方箋までさまざまなものがあります。
身体にいい元ですので、副作用や公算はないですが、大量に奪うとおなかがゆるくなってしまうことがあります。適量の補給を心がけ、食物繊維を殆ど含む元につき潤いが不足してしまうと腸の潤いを吸収してしまうため便秘になってしまうことがある結果潤いを多めに盗ることを意識することが大切です。

▲ページトップに戻る