チアシードの栄養素価とポイントについて

チアシードは邦人に不足しがちな養分を手軽に補充やれるフードとして人寄せが高まっています。スペシャル食材とも呼ばれており、様々なボディ効果が期待されているのです。南米では一般的な成分であり、シソ科ミント属サルビアにおいて知られています。ゴマと同じかやや小さいくらいのがたいをしているのですが、その属性は水に擦り込みたときにはっきりとわかるでしょう。
チアシードは様々な養分価の高さで有名ですが、それ以上に水に付けると8〜10倍に膨らんでジェル状になる属性が有名です。こういう属性は良いと評価されている養分価の一つである食物繊維の煽りです。こういうジェル状の正体はグルコマンナンと呼ばれる食物繊維であり、こんにゃくにも含まれているということで知られています。こういう食物繊維の効果によりダイエット効果が期待されているものでもあります。
ただしチアシードにはそれ以外にもたんぱく質、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などの養分価に優れたフードです。またオメガ3脂肪酸と呼ばれる種にも恵まれています。全身で定めることの出来ない種であるため食生活から補給しなければならず、大切な養分の一つとされています。様々なボディ効果を期待することが出来ます。

▲ページトップに戻る