ユーグレナは妊娠中にも後押し

妊娠中に葉酸が必要なことは有名です。厚生労働省は1日に400μgの葉酸を摂取するのを推奨してあり、胎児が逆鱗管閉鎖障害になる心配を燃やすなど健康的に育て上げる効果があります。殊更妊娠3ヶ月頃には積極的に葉酸を摂取しますが、この時期は妊娠に無我なケースも多いので妊活の地位から葉酸を摂取する習慣を身につけます。但し葉酸は十分な本数を料理から摂取できないので、サプリメントを服用するのが一般的です。ただし妊娠中に必要な養分は葉酸だけではありません。なので注目されるのがユーグレナです。ユーグレナには59グループの養分が塞がり、葉酸以外にも鉄分やミネラル、アミノ酸、ビタミン系統など妊娠初期のつわりで不足しがちな養分を補うことができます。体得料率は93百分率と言われ、葉酸の体得料率をアップするビタミンB12もバランス良く含まれています。日本の市販のサプリメントは、安全性の試験を行わないで製造している場合があります。ユーグレナを組み合わせしても、毒物が混ざっていれば胎児だけでなくマミーにも悪影響を及ぼすケー。従って安心してユーグレナを摂取するために、人役所が無事だと判断したものを購入するのが良いです。

▲ページトップに戻る