冷え性やり方としてのランチタイムの発達

冷え性計画として、普段のごはんを見直すことにより風習が改善されることがあります。基本的には、白々しい食事や水物を除け、人懐っこい食事や水物を積極的に入れることです。野菜を摂るなら刺々しいサラダではなく、ぜひ温かいスープといった形で摂るとよいでしょう。
一般的に夏場野菜はボディを冷まし、冬季野菜はボディを暖めるとされています。優しい生まれ故郷よりも寒い生まれ故郷で取り込める野菜やフルーツはボディを暖めるといわれています。葉売り物野菜よりも根菜の方がボディを暖めるといわれています。つまり、冷え性計画として冬季野菜ががっちり入った鍋食べ物や、根菜の煮物などが求め食べ物となります。東北や欧州といった寒い生まれ故郷の郷土食べ物はボディを暖める効能のある野菜や食べ物が多く、とても理にかなったものです。冷え性に悩まされる寒いお天道様には、積極的に盛り込みましょう。
また、生姜やネギなど、かねてからボディをあたためる材質といわれているものを積極的にごはんに取り入れると良いでしょう。断然生生姜よりもドライ生姜の方が効果が厳しいことが実証されています。最近はしょうが湯として、ドライ生姜と砂糖を混ぜたものが超絶等で売られています。こういうしょうが湯を常備しておき、熱い紅茶等に入れて飲み込む術は手軽にできる冷え性計画かもしれません。

▲ページトップに戻る